劇場版HFはどのエンドを迎えるのかを考える

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
HF映画やっとこさ鑑賞。
バーサーカーとアーチャーに爆泣きさせられ、桜しんどすぎ情報量で頭がパンクしたところで、主題歌の「I beg you」でさらに情緒がオーバーキルされた。
なんてもんを作ってくださったんだ須藤監督は。ありがとう。無慈悲か?

ていうかこれ、ほんとにあと1本に収められるのか…?スタッフ大丈夫??これからどんどんしんどい展開があるぞ…。


いきなりだが、私はFate最推しは言峰綺礼である。
zeroから好きになり、SNレアルタヌア(PS2版。エロなし)をプレイしHFで完全に落とされて早7年近く経つ。HFは、その前のFate(セイバールート)、UBW(凛ルート)では描けなかった人物にも焦点があたり掘り下げてくれるエピソードでもあるのだが、劇場アニメが決まった時はほんとに絶叫した。
ufoの超作画であのラストシーンが見られるのかと。けど今回、HF第2章を見終わり、予想してたエンドに向かうのか?と少し考えが変わった。

2章もまたものすごく桜ちゃんを丁寧に描いてくれたと思う。
士郎くんとの初めての夜を迎えるまでの経緯が自然だったし、そして美しかったわよ……。
受け入れてもらい選ばれ、あの瞬間はほんとに幸せだったと思うんだ。

けど容赦なく桜の心は蝕まれていき、むしゃむしゃ(物理)
ついに爆発。黒桜の誕生。
からの「I beg you」
おい監督は無慈悲か!?!?!(2度目)

1回でかいショックを受けて、それを処理する間にじわじわダメージを受けている。
今もこれを打っていながら思い出しダメージ受けて「うげぇ」って言っている。

HFはほんとに丁寧に桜ちゃんのことを描いているので、3章でもそれを貫くとは思うのだが、そしたら他のキャラのバックグラウンドはごっそりカットされちゃうんだろうか…と思う。

前述の通り私は言峰綺礼が最推しである。
原作HF内ではガッツリと、言峰の生い立ち、生まれつきの歪みなどが描かれていた。
心は歪んでいる。
悪いことだと理解しているのに。
そして信仰心は本物だという事実。
歪で強烈なキャラ設定にズブズブした。
顔と声もいい。

劇場版2章内でを見るとこれから行動フラグは立っていたけど、どこまで出てくれるのかな。

SPONSORED LINK

原作後半は言峰、そしてイリヤにも焦点が当てられる。

桜ルートはノーマルエンドとトゥルーエンドの2つがある。
トゥルーの方は言峰的にもイリヤ的にもめちゃくちゃ激アツ胸アツな展開である。私はぶっちゃけこちらのエンドを見届けたいんだ。推し大活躍なので(欲望に忠実)

しかしノーマルエンドになると、まったく別の展開になる。
桜ちゃんにひたすら焦点を当てまくるのであれば、もしかしたらこちらのルートで劇場版最終章を迎えるのではないか?ともうっすら考えた。

こっちのほうが士郎くんと桜ちゃんが交わした2人の約束が(あらゆる意味で)映えてくると思ったからだ。
展開はトゥルーが激動で見どころ満載だが、終わり方としては実はノーマルエンドのほうが好きなんだ。

けど2章内のとあるシーンでイリヤにも終盤活躍フラグが立ったように見えた。
トゥルーにも行くか…?と思った。

現時点ではまだどちらのエンドになるかはまったく分からない。

ただ、劇場版HFに関してはどっちのエンドを迎えたとしてもかなり満足すると思う。
こんなに丁寧に桜ちゃんを描いている監督のことをすごい信頼できるようになった。
さすが桜クラスタだよ監督。
強いオタクは強いんだ(?)

HFはほんとこれから名シーンしかないので、ぐっしょぐしょに泣きながら見るんでしょうね。監督はじめufoのスタッフや関係者、いつまでも待ってるからほんとに体調だけには気をつけてくれ。

SPONSORED LINK

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする