格付けチェック2020はここ数年で1番の神回じゃないか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

年初めの楽しみ、芸能人格付けチェック。

毎年拝見してますが、今年は特にめちゃくちゃ面白かった…。

芸人枠復活戦もないし5時からスタートするから、今回随分構成違うな〜って思ってたんだけど。

ガクト様の自宅インタビューからスタート。ガクト様の自宅すごい(語彙力)

ここでガクト様の無敗の秘訣がわかる。
常に知識をアップデートしていって勉強を続けることである。

人生は常に学びである。
そして自分の学んできたことがちゃんとあっているのか、その答え合わせとして格付けに挑んでいる。
だからこそあの全力のガッツポーズ。

このインタビューめちゃくちゃ染みてしまったんだよな…。かっこいい大人は常にいろいろなことを学んでいるんですよ。
余談になるけど、最近オリラジあっちゃんの動画を見ているんですけど、あっちゃん本当にインプットからのアウトプットがすごくうまい。ちゃんと落とし込んで自分のものにしているんですよね。
日々勉強という姿勢、私も学びたい。毎日一個何か覚えられたらいいよね~。

さてそのガクト様、「今回は出演を辞退したい」との申し出。
「嫌な予感がする」とのこと。

理由は分からない。だがしかしなんか予感だけがある。

パートナーが金爆キリショーだと教えられた瞬間「それかなぁ………」

このフラグ、後程見事に回収されるのである。

SPONSORED LINK

見事なフラグ回収

さて本編。キリショーはよりによって音楽問題で盛大にミスをする。
キレるガクト様。スライディング土下座。私はあんなきれいなスライディング土下座を始めて見たよ。

そして一流からの陥落。フラグが回収された瞬間である。

ていうか予感察知してスタジオ離れるガクト様もガクト様でしょ…直感EXくらいある。

そのあとのキリショーがほんとただの犬…子犬で…かわいそう…いやでもどこか可愛い…。
最後の牛肉問題にて、数年前のガクト様の見解をちゃんと覚えてるところが最高に可愛い面白かった。もうここでガクト様若干しょうがねぇな~感出てたでしょ。ニコニコしちゃった。

笑って見送るスタイル

毎年格付けのEDではMCの浜ちゃん・伊藤さん・アナウンサーさんも同じ格付けをする…というのがいつもの流れだった。

昨年12月、この格付けに多く出演されていた梅宮辰夫さんが亡くなった。
報道時、「あー今度の格付けからは見れなくなるのか~残念だな…」って思っていたのだが、今年のEDは梅宮さん名場面集だった。

すごいよかったのが、変にしんみりしたBGMとか泣かせる系にせず、笑える場面、懐かしい場面を集めて「あ~~若いこんなのあった~~!!」ってお茶の間もニコニコできる構成になっていたところ。そうだよ格付けはこうでなくちゃな!!!

そして浜ちゃんの最後のメッセージ。寂しいけどさっぱりとしたいいEDだったな~と思いました。

壮大な前振り、ガクト様の陥落、間違えたら即画面から消えるシステム、そして梅宮さんのお見送りという大波乱&ありがてぇ(拝み)な構成、今回ほんと神回だったな~って。よかったです。

Bのシャコ好き。

SPONSORED LINK

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする